2009年03月07日

野球WBC日本代表 14対2 7回コールドで韓国に快勝

野球のWBC(World Baseball Classic ワールドベースボールクラシック)の第1ラウンドA組(東京ラウンド)、日本対韓国は、14対2で、WBC規定により、7回コールド勝ちと圧勝しました。ここ数年大きく負け越している韓国に対し、誰も予想しなかったコールド勝ちということで、久々にスカッとしました。

韓国の先発ピッチャーは、北京オリンピックできりきり舞いさせられた、サウスポーのキムグァンヒョンでしたが、日本の1番バッター イチローが、キムのウィニングショットであるスライダーをライト前にはじき返すと、ここまでノーヒットだったイチローの一打を首を長くして待っていた東京ドームの大観衆から大きな歓声が沸きあがり、これで日本のいけいけムードを一気に作り上げたといってよいでしょう。ホームランは4番村田の3ランと城島の2ランがありましたが、ヒット、フォアボールをからめ、大差になっても集中を切らさない各選手の丁寧な攻撃により、結果的に大量得点となりました。

日本の先発ピッチャーは松坂。1回裏はスライダーのコントロールがままならず、韓国の4番に2ランホームランを浴びますが、2回以降はシュートやカットボールを多投するスタイルに切り替え、4回を2点のみに抑えました。その後の継投も問題なく無得点に抑え、歴史的な勝利を導きました。

続きを読む
posted by beverlyglen2190 at 23:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする