2009年06月01日

アイズリーブラザーズ(The Isley Brothers)

アイズリーブラザーズ(The Isley Brothers) も日本では本国の実績が正当に認識されていないグループの1つである。活動暦は1950年代初頭から現在までと長く、今から彼らの音楽に取り組むとなると、どこから手をつけていいのか悩ましいが、そのキャリアを大きく3つに分けるとわかりやすいかもしれない。

まず、グループ結成から1969年モータウン在籍時代まで。彼らはグループ名が示すとおりオハイオ州シンシナティで生まれ育った兄弟によるグループで、初ヒットは59年の「シャウト」。62年には「ツイストアンドシャウト」がヒットし、63年にはこの曲をビートルズがカバーして大ヒットさせた。また、このころジミヘンドリクスがレコーディングに参加している。

続いて、1969年から1983年まで、自らのレーベル:T-Neckで活躍した時代。それまで兄弟3人のR&Bボーカルグループだった彼らは、バックバンドとして弟2人といとこの3人を加え、計6人のセルフコンテインドグループとなる。この6人の結束は、配給がブッダからCBSに変わるとともに、充実したファンクと、目利きの効いたカバーチューン、そしてその後のクワイエットストームを生んだといわれるメロウなナンバーで、幅広い音楽性を披露した。

6人の固い結束が数々のヒットを生んだ彼らだが、1983年に若い3人がアイズリージャスパーアイズリーとして独立、グループは分裂した。年上の3人はワーナーブラザーズに移籍し、クワイエットストーム路線を突き進んだ。その後、正式な解散宣言のないまま、現在に至る。

今回、第2期のCBS時代のアルバムがEPIC/Legacyレーベルからリイシューされており1000円以下の安価で入手できることを知り、まとめて4枚を聞いてみた。アイズリーブラザーズ未体験の方は、ここらへんから手をつけるといいと思う。
3 + 3 (1973)
3 + 3
Live It Up (1974)
Live It Up

The Heat Is On (1975)
The Heat Is On

Harvest for the World (1976)
Harvest for the World


続きを読む


posted by beverlyglen2190 at 19:16 | Comment(0) | ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする