2010年08月05日

ヒートウェイブ(Heatwave)とロッド・テンパートン(Rod Temperton)

昨年マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の訃報をうけて「ロックウィズユー Rock With You」という曲について書いてから、あっという間に1年以上が経過してしまった。今年の命日にはWOWOWでライブや映画「This Is It」などのマイケル特集を放送していたが、ワールドカップサッカーの地上波放送全試合ライブ視聴継続中(!)だったので、布団の上でうとうとしながら、画面は見ずにただ音を聞いているだけだった(録画はしていたが)。ソロになってからのマイケルを語る上で欠かせないのは、何と言ってもプロデューサーのクインシー・ジョーンズだが、さらに一人あげるとすると、私にとってはロッド・テンパートンである。そして、このイギリス人キーボーディストが所属したグループ:ヒートウェイブも大好きなグループの一つである。

ヒートウェイブがシーンに登場してきたときのことはよく覚えている。シングル「ブギーナイツ Boogie Nights」が1977年8月27日付の全米TOP40チャートに入ってきたときには、イギリスで結成された多国籍・人種混成バンドであることがすでにアナウンスされていた。この曲のカッコよさにすぐに気に入り、チャートを上がっていくのを毎週応援していた。毎週何曲か新たにチャートイン(これをビルボード誌ではデビューという)してくる曲のうちからお気に入りを見つけ出し、チャート上昇を応援するのも、チャートマニアの楽しみの一つである。そして何とこの曲は最高位2位を獲得する大ヒットとなった。このとき1位だったのが、10週連続No1の記録を作ったデビー・ブーン(Debby Boone)の「You Light Up My Life」だったのだから、何とも不運であった。

続くシングルは「オールウェイズアンドフォーエバー Always And Forever」。これがくせになるバラードで、このあと多くのソウル/R&Bのアーティストたちがカバーしている。この曲は1978年1月7日付で最高位18位だったが、「ブギーナイツ」と同様ダブルミリオン(200万枚以上の売り上げ)となった。さらに88年5月には「グルーブライン The Groove Line」が最高位7位まで上がりダブルミリオンを獲得。これも「ブギーナイツ」に勝るとも劣らないカッコよさが魅力だ。そしてこれらのシングルのすべてを作詞作曲しているのがロッド・テンパートンであった。
続きを読む


posted by beverlyglen2190 at 18:11 | Comment(0) | ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする