2009年01月07日

磁気ネックレスを再発見

年末に大掃除をしていたら、以前愛用していた磁気ネックレスが出てきました。たしかピップマグネループという2000円しないものです。数年前、肩こりがひどくてとうとう頭痛までするようになってしまい、ドラッグストアなどを巡っていろいろな商品を見た結果購入し、しばらくはずっと愛用していました。効果はあったようで、頭痛が引くに伴って忘れ去られ、数年を経て今回 "発掘" された、というわけです。

多分肩こりを和らげる効果はあったと感じているのですが、この種の健康グッズって、今ひとつ疑問ですよね。はっきり効くとわかっていれば、例えばもっと効き目がありそうなチタン製のものを高価でも買うとかするのでしょうが、いきなりそういうわけにもいきません。

そもそも磁気で血流がよくなるというなら、磁気の強さがどのくらい、赤血球中の鉄分はどのくらい、その間にある皮膚や空気の透磁率はどのくらい、というのはざっくりわかるでしょうから、電磁気学の式に当てはめて計算すれば、実際赤血球にどのくらいの力を与えることができるか求められると思うのですが、そういうPRは聞いたことがありません。それよりも、口コミの力や、プラセボ効果の方が重要ということなのでしょうか。

せっかく発掘された磁気ネックレスですが、最近は自己流の体操の効果もあって、肩こりにはあまり悩まされてないので、活躍の機会はなさそうです。


posted by beverlyglen2190 at 20:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。