2009年01月16日

静電気を防止する方法

私はかつては冬になると静電気にとても悩まされていました。体質的な問題なのだろうと諦めていた時期もありましたが、幾つかの工夫をすることで静電気がたまるのを防止することができ、最近ではまったく静電気で悩むことがなくなりました。

困っていたころは、体の皮膚と服の間で常に放電が行なわれている感じで、体のいたるところがチクチクしたり痒かったりして、それによってイライラしたり集中できなかったりして、花粉症の春と同じで冬も憂うつな季節でした。

そのころは、自分が乾燥体質なので静電気がたまるのだと考えていました。しかし、あるとき、冷静に考えてみました。自分はふだん汗をよくかく体質であり、決して乾燥体質ではない。すると、肌を乾燥させる原因が何かあるのではないか。

それは冬の部屋での過ごし方にありました。部屋をよく暖めて、薄着で生活していました。半そでのTシャツで過ごすこともありました。子供のころによく言われた、寒いときに薄着で過ごして体を鍛える、というようなことをずっと実行していたのです。

これを改めることにしました。部屋では必ず長袖の肌着を着て、さらにシャツなどを着ることにより、肌から水分が逃げないようにする。また風呂では冬でも肌をごしごし洗っていたのですが、これもやめ、汗のたまる部分のみよく洗う程度にしました。もちろん部屋の加湿も行ないました。

これらを工夫することにより、あれっと思うくらい状況が改善しました。今では静電気を感じることがまったくない、といっていいほどです。特に保湿クリームを使うようなこともなく、冬を快適に過ごせるようになりました。


posted by beverlyglen2190 at 17:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。