2009年03月30日

「内村さまぁ〜ず」が TOKYO MX と tvk で放送開始!

「内村さまぁ〜ず」はインターネットの動画配信サイト「ミランカ」で配信されている番組なのですが、それがこの4月から関東ローカルテレビ局の TOKYO MX と tvk で放送が開始されるそうです!

「内村さまぁ〜ず」は、大人気だった「内村プロデュース」亡き後、同じスタッフの制作によって2006年11月から配信スタートした、基本的にネットのみで視聴可能な番組です。月に2本の配信で、私は初回から欠かすことなく見てきました。内Pよりもさらにリラックスした内容で、昼間厳しい仕事が終わってやっと帰宅して晩御飯にありついたリラックスタイムにこれを見ると、一日の緊張をほぐすことができる、貴重な番組です。

この事実をテレビ誌で発見したときは本当に驚きました。内Pの不可解な放送終了と、その後同じスタッフでのインターネット番組制作というのは、事実としてはまさに都落ちといった形でしたが、内容は決して地上波に載せても遜色ないものに思えました。それがローカル局とはいえテレビに復活するというのは、ネットからテレビへという番組制作の新しい形を示す先例となります。

TOKYO MX と tvk は、いわゆるUHF局で、TOKYO MX は東京ローカル局、tvk は神奈川ローカル局ですが、地上波デジタルでは東京近郊ならそれぞれ9chと3chで見ることができます。
TOKYO MX では木曜の23時から、tvk では金曜の23時30分から、それぞれ30分番組として放送されます。ネット配信では正味45分の番組なのですが、過去配信された番組を30分に編集して放送するということです。いわゆる再放送だということは発表されていますが、あるいは配信1回分を2回に分けて放送するのかもしれません。今週の放送で確認してみたいと思います。

ネットからテレビへという流れは今までになくエキサイティングですが、今まで2年以上ネット配信のみで放送を続けることができたということは、テレビ放送がなくても金銭的にペイできているということであり(実情は知りませんが)、さらにDVD販売などで収益が見込めれば、まさに番組制作の新しい形を示していると言えます。時代はロングテールの時代ですし、テレビの信頼度が急速に低下している現在、「内村さまぁ〜ず」のような番組制作形態がますます増えていくといいと思いますし、さらにキー局に載せようなどと思わずに、わが道を行っていって欲しいと思います。もうテレビは信用されていないのですから、テレビに載ることに金銭以外のメリットはありません。テレビ局以外のところで番組制作が行なわれ、その売買は制作とテレビ局との対等な関係の中で行なわれる、というのが今までのこの国になかったのがおかしいのですから。
内村さまぁ~ず vol.1 [DVD]内村さまぁ~ず vol.1 [DVD]
内村光良, さまぁ~ず

内村さまぁ~ず vol.2 [DVD] 内村さまぁ~ず vol.3 [DVD] 内村さまぁ~ず vol.4 [DVD] 内村さまぁ~ず vol.5 内村さまぁ~ず vol.6

by G-Tools

内村プロデュース~俺チョイス 内村光良~俺チョイス [DVD]内村プロデュース~俺チョイス 内村光良~俺チョイス [DVD]
内村光良, さまぁ~ず, ふかわりょう, TIM

内村プロデュース~俺チョイス 三村マサカズ~俺チョイス [DVD] 内村プロデュース~俺チョイス 大竹一樹~俺チョイス [DVD] 内村プロデュース~俺チョイス TIM~俺チョイス [DVD] 内村プロデュース~俺チョイス ふかわりょう【完全生産限定盤】 [DVD] 内村プロデュース~俺チョイス 出川哲朗【完全生産限定盤】 [DVD]

by G-Tools



posted by beverlyglen2190 at 17:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。